メルカリ教室で地域の可能性が広がる

船橋市の施設で初めて行われるメルカリ教室@宮本公民館。

昨年8月に市と協定を結んでいます。

メルカリは個人・事業者がネット上に中古品などを出品して、売買するもので既に複数の自治体とこういった連携協定を結んでいます。提携にあたっての市のメリットとしては、地域経済の活性化、循環型社会(SDGs)の推進などがあります。

講師と実践しながら出品

これから各公民館でメルカリを使う講座が行われていきそうです。出店のコツとしては、傷の状況などは正直に登録したほうが売れる、送料込みのほうが良いといった具体的なアドバイスもありました。参加者の方はスマホ片手に持ってきた売りたい物、本やカバンや時計などを登録していました。

市民の皆さん10名ほどが笑顔で楽しそうに参加、出品されている様子が印象的でした。船橋にも民間の良さを引き込んでいく、後押しを頑張っていきたいと思います。

宮本公民館にて

公民館でもWi-Fiを設置した部屋ができたので参加者の方もデータ容量を気にせずに参加できます。公民館のWi-Fi設置は10年前から求めてきたことでしたが、このように公民館での講座に使われるようになったことは、なかなか感慨深いものがあります。

ご意見をお寄せください

この記事を書いた人

つまがり俊明

1977年6月生れ / 船橋市出身 三咲小→御滝中→鎌ヶ谷高校→明大→ベンチャー企業→総務省→神奈川県庁→松下政経塾→船橋市議会議員

~多様性を力に変えていく社会へ~ モットーは「着眼大局着手小局」